2010年01月17日

デザートのリンゴは天気予報で決まる。

《チラー的おやつの作り方》
今日はリンゴのおやつを作ります。
リンゴおやつ1.jpg
リンゴは青森からやって来たフジを用意。蜜がいっぱいで美味いですよね。
リンゴのおやつは栄養たっぷりの皮と皮のすぐ下の果肉を使いますので、お水でよ〜く洗ってから、皮をちょっと厚めに剥きます。
リンゴおやつ2.jpg
適当な大きさにちぎって揃えて、ツルツルの紙に敷いて、
カボおやつ4.jpg
更に紙でフタをして天日干し〜☆
リンゴおやつ4.jpg
よ〜く乾燥したら、美味しいリンゴのおやつの完成。
乾燥剤を入れて保管。

このおやつ、やっぱりカボチャのおやつと同様、作る時には翌日の天気が晴れててほしい。素早く乾いてほしいですからね〜。

リンゴはリンゴポリフェノールやペクチンが豊富です。
でもそんな栄養豊富な所はチラ達が独占・・・。
残りの果肉は人間ドモのデザートです。
あ、因みに「農薬が・・」とかボヤいてるのはワタクシ的にはナンセンスです。まあ一生リンゴの皮だけを食べ続けたら残留農薬が体にジンワリ染み渡るのかもね。
そういえば。リンゴのあの輝くテカテカワックスは、人工ワックスじゃなくって、リンゴの栄養が染み出してできたロウ物質なんですよ、って、結構もうメジャーな話。
リノール酸とかリノレン酸なんだって。
抗酸化作用で体の中から若返りましょう〜☆

う〜ん、なんかリンゴ応援団みたくなってますが・・別にリンゴだけを愛しているワケではないんですけど。
因みにチラのおやつが足りている時は、ワタシもリンゴは皮ごと食べちゃいます。ワタクシ的にはリンゴはパッキリ硬いのが好ましい。ハッキリ言って味より硬さ。テクスチャーは大切である。軟らかくなったら大きめの角切りにして、ハチミツと一緒に煮て、ちょっとジャム風デザートに変身です。
と、いうわけで。
リンゴは、食感がイヤでなければ剥かずに行こう☆
皮だけアップルティでも美味いかも☆


ニックネーム だんご at 07:58| 手作りおやつと市販のおやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
★著作権について考える★
このブログ内のイラストや画像やその他すべての著作権は当ブログ作成者ゆびだんごのモノです★がんばって作った物ですので、無断でコピペや使用をしないで下さいね★著作権法はとっても大切です、違反になる前に著作権についてよく考えてみよう★