2009年12月22日

夕飯のカボチャは天気予報で決まる。

《チラー的おやつの作り方》
カボチャを1コ用意・・と言っても日本のカボチャの旬は夏。
本日ははるばる海外からやって来たカボチャを購入しました。
種も食べるので、種が大きいのを選びます。
カボおやつ1.jpgメキシコ産まれです。
種と実を分けて、種はワタワタを取っちゃいます。
カボおやつ2.jpg
ペッタンコの種は廃棄。
チラ達の手はシビアです。ぺったんこの種をあげようものなら、
後ろ手にポイッと捨てられます。←捨てる姿はカナリ冷たい・・。
カボおやつ3.jpg
カボチャを適当な大きさにして1oの厚さにスライス、ツルツルの紙に並べます。紙は広告とかカレンダーとかの裏を再利用です。
カボおやつ4.jpg
で、更に広告でフタをして、そのまま天日干し〜☆
カボおやつ5.jpg
これでおやつ2品完成☆乾燥剤を入れて保管。

このおやつを作るにあたって気になるのは、翌日のお天気。
次の日が晴れの時の方がイイカンジに乾き始めるんですよね、やっぱり。
夏場はジメってるのでナカナカ乾かない。

因みにわが家ではホボ100%ドライのおやつです。
理由は、ウンチが柔かくなりすぎるからとか、ナマは保存がきかないからとか、ではない。
だって、ナマの方がそりゃあ美味しいですよ、時々はナマのおやつもあげてるけどね。でも敢えてあげない理由は、
昔ナマのリンゴのスライスをあげたら、
あまりの美味さにむせて詰まらせて「ウッ」ってなって
(↑ホントに人間みたく「ウッ」ってなったの)
で、そのままパッタリ倒れたチンチラがいるんですよね、アレは怖かった (汗
持ち上げてゆすったら復活したので、笑い話ですが。
はじめは「毒リンゴ?」とかマジで思ったから。
因みにコレが↓ノドに詰まらせた今は亡き黄桃ちゃん
outou.jpg
あ、今は亡きって、リンゴが原因じゃないですから(汗

ともかくも、毎月1〜2回はちょこちょこおやつ作ってます。
よくやるよ。とか自分でも思う。。
因みに残りのカボチャは人間ドモが食しております。

今日は冬至。
昔は冬に野菜が無かったから、保存できるカボチャを冬に食べて元気を維持していたんだね。夏の太陽をいっぱい浴びたカボチャは心身共に元気になります。

ニックネーム だんご at 23:25| 手作りおやつと市販のおやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
★著作権について考える★
このブログ内のイラストや画像やその他すべての著作権は当ブログ作成者ゆびだんごのモノです★がんばって作った物ですので、無断でコピペや使用をしないで下さいね★著作権法はとっても大切です、違反になる前に著作権についてよく考えてみよう★