2017年06月01日

カボチャのタネの色

我が家の手作りおやつのカボチャといえば栗カボチャや坊ちゃんカボチャですので、手作りおやつのカボチャのタネの種類はもちろん、
栗カボチャ(下)坊ちゃんカボチャ(左)右はドライカボチャ
oya-kabo0.JPG
↑ こんな感じで黄色いです(薄皮は剥いてあります。

大好きなカボチャのおやつは果肉もタネも手作りしてますが、ちょっと前に市販のカボチャのタネを頂きました。でも、市販のカボチャのタネは手にしたことがなくて
「白!そしてデカ!!」というのが頂いた時の初見の印象。

oya-kabo1.jpg「出してくれなきゃ食べれないよ」
なんでだろう、品種の違いかと思ったけど袋には原材料「かぼちゃ」しか書いてないし。
でももう1つ違うのは、その皮がとっても薄くて爪でペリッと剥けちゃうくらい柔らかいこと。なので、製品化の際に思いっきりガシガシ機械で洗うから表面がたくさん削り取られてこうなったのかな?袋に真空パックでギュウッと詰まってるのですが、皮が薄いから結構な量が入っていてお得な感じがするね。
oya-kabo2.jpg「何色でも美味しいよ」

カボチャのタネの栄養素。
かぼちゃの種にはタンパク質、脂肪、ビタミンB1が豊富に含まれています。人も動物も程よく摂りたい栄養素ですね。特にハナビはお年寄りなこともあり1日1個あげてる様にしています。

と、いうわけで。市販のカボチャのタネがあるのでしばらく手作りカボチャの種は休憩です。普通のドライカボチャやリンゴの皮の手作りおやつは梅雨に入る前にちょいちょい作ってます。作り方知りたい人は過去ログ(「夕飯のカボチャは天気予報で決まる」「デザートのリンゴは天気予報で決まる」)を見てね〜(切って干すだけだけどね。。

ニックネーム だんご at 00:38| 手作りおやつと市販のおやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
★著作権について考える★
このブログ内のイラストや画像やその他すべての著作権は当ブログ作成者ゆびだんごのモノです★がんばって作った物ですので、無断でコピペや使用をしないで下さいね★著作権法はとっても大切です、違反になる前に著作権についてよく考えてみよう★