2013年05月24日

床ずれ予防なるか?「肉球ぷにぷに」

その昔、ワタクシはカナちゃんに一目惚れならぬ一握り惚れをされました。(過去ログ絵日記「嗚呼、愛すべき握手☆(2010年5月」を見てね。
その要因である手足の裏の肉。
とくに足の裏は年を重ねるごとにどんどん硬くなります。ジ〜ッとしているカナちゃんはたまに踵が床擦れのようになります。
気になるのか時折自分で毛繕いして傷つけてしまい血が滲むこともあります。
血は直ぐに止まりますがやっぱり心配。変な菌が入って悪化したらイヤなので軟膏塗るとかしてるけど、余計気にして舐めちゃうんだよね。。


で、そんな予防になるかどうかは分かりませんが。
足裏ケア用品「肉球ぷにぷに」の試供品をチョコットいただいた。
puni1.JPGチラシと軟膏壷(森久保薬品
天然成分配合でデリケートな肉球に潤いを与えて足裏トラブル対策をするのを主旨とした動物ケア用品。

そもそも「肉球」というからには、、
そう。イヌ用ネコ用その他用なのです。
肉球というのはイヌ科ネコ科クマ科イタチ科などの肉食の動物にあるものなのだそうで、チンチラやネズミ(稀にウサギ)の足の裏の肉球らしいものは肉球と呼んでいいのかはよく分からない。。
でも肉球みたいにニクニクしてるしプニプニしてるし、何よりニクキュウという響きが心地良いし、呼びたいよねぇ、肉球って。。
う〜ん。。ま、ソコは個々の自由ってコトにしておいて。


「肉球ぷにぷに」の感想。
指に取ってみると、サラッとした無色透明のジェル。クリームじゃないのでべたつかなくて良いです。
puni2.JPGこんなの。
無臭かというと・・・かすかに臭う。何のニオイか鼻の奥で似たニオイを探してみると、ありました。
液体のり。
封筒閉じるのに欠かせない透明なあの、のり。アレのニオイを薄〜〜くしたみたいなニオイに似ている。でも少量塗る分には気にならないかな。ネズミやイヌは鼻が利くのでどうなんでしょうね。

試しに自分の手の甲に少量伸ばしてみた。
塗った後の感触が気になるかなって思ったけど、塗っちゃうと10秒程でサラッとするし、塗った後は少しだけツルツル感が減ったように感じたのでグリップ力が増すのかな?(気のせい?


で。
早速カナの足の裏に塗ってみました。
踵のピンクっぽいところ(特に左足)がよく床擦れっぽくなるところです。暗くて分からんなぁ。。
puni3.JPG「なにすんのよ〜っ」
抱っこが大嫌いなのでモノスゴク嫌がりましたが、直ぐ乾くのでそこは良いですね。
カナは塗ったところが気になるっていうより抱っこが気になって降ろすと直ぐスミズミ毛繕いです。
少しでも予防になったら嬉しいんだけどな。

因みにお値段は100gで4200円。高いです。
イヌの肉球に使ったら直ぐ無くなっちゃいそうでコスパ的に継続は無理かもだけど、チンチラだったら指先にチョコットだからナントカなる・・かもね。
使える商品なら、の話。

ニックネーム だんご at 13:48| チラんちと飼育グッズとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

大好評のクリムゾン

bu1.JPG
葡萄をあげてみた。

bu2.JPG持ち逃げクロマル「美味い!」

bu3.JPG隠れるハナビ「美味いね!」
↑ 相変わらず毛噛み治療進行中で毛並み悪し。。

bu4.JPG控え目カナちゃん「・・・」
↑ あげたら後ろを向いて隠すようにして食べてました。ラブリ〜♪

葡萄の名前はクリムゾン。
パキッとしてちょこっと硬めの種無し葡萄です。酸味があって食べやすくって美味しい。皮ごと食べてポリフェノールたっぷりですね。


「クリムゾン」という名。
色の名前です。赤色の一種でちょこっと紫色寄りなのだそう。元はカイガラムシから取れるコチニールという天然染料を原料にした歴史ある色なんだって。ちなみにコチニール色素は絵の具や化粧品、食品の着色などに使われている染料ですね。強烈な色彩なので血の色に例えるヒトもあるようです。

ワタクシ的にはクリムゾンと聞くとはじめに「クリムゾン・タイド」なる映画を思い出す。トニー・スコット監督の潜水艦映画。でも潜水艦映画というとやっぱり「レッドオクトーバーを追え」がいいな。(ショーン・コネリー渋いです。そして吹替えは若山弦蔵さんがベスト!すべての映画を彼の声で録り直して欲しいくらいピッタリ嵌ってる〜。ショーン・コネリーがあの声を発しているようである。


まぁ、そんなわけでクリムゾンはチラどもに大好評でした。サクランボの時のような喜びよう!そろそろアメリカンチェリーも美味しそうです。そういえばアメリカンチェリーの色もクリムゾンっぽい・・・かな?
ニックネーム だんご at 11:49| みんなの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

腹冷やし機 その2

ホットプレート?
煎餅の缶の蓋?
琺瑯の容器?
アルミプレート?

ではなく、ちゃんとした腹を冷やす板。
大きな御影石風の板をいただいた(ダジャレではないぞ。。
dairiseki0.JPGこんなのよ。
どうやらネコとかウサギ用です、でっかいので。そのまま蕎麦打ちに使えそうな感じですが、ワタクシ蕎麦打ちはしないのでチラの腹冷やし用として使用(アタリマエ。

練馬はここ数日クーラー点けてあげたくなっちゃう暑さ(まだ耐えてるけど。
なので、早速チラ部屋に置いてみた。
ら!
なんと!カナちゃんがコトノホカお気に召したようです。
dairiseki.JPG「なんかイイカンジよ」
普段の行動ではホトンド新しい場所に行かないのに、チョイチョイ散策して板の上に乗ることが多くなりました!嬉しい驚きです。ホットプレートでは冷たすぎたのかもしれません。ハナビは相変わらずホットプレート派ですが。

クロマルは別にただの板としか思ってないみたいです(相変わらず新聞と木切れの粉砕に専念しているし。。
カナしか使わないなら床にペタッと置いた方が低くて危なくないかなぁとかも思ったんだけど、やっぱり低い位置は落ち着かないみたいなのでひとまずチョイ高めの所に。

コレで酷暑も乗り越えるぞ〜!
ニックネーム だんご at 10:25| チラんちと飼育グッズとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
★著作権について考える★
このブログ内のイラストや画像やその他すべての著作権は当ブログ作成者ゆびだんごのモノです★がんばって作った物ですので、無断でコピペや使用をしないで下さいね★著作権法はとっても大切です、違反になる前に著作権についてよく考えてみよう★